WOWOWとスカパー

劇団新感線のチケットが取れない!当選確率をぐっと高める3つの方法!

劇団新感線のチケット

古田新太さんや阿部サダヲさんなど、劇団に所属している役者さんで、TVや映画でも活躍している方はたくさんいらっしゃいますよね。

ドラマきっかけで好きになった俳優さんや、映画で知った女優さんが、劇団所属の方だったら・・・、やっぱり一度は生の舞台を観に行ってみたくなりますよね!

  • でも、お芝居のチケットって、どうやって取るの?
  • 「今もっともチケットが取れない○○」なんて言われてるのに、プラチナチケットを取る方法なんてあるの?
  • 「秒速で完売」って聞いたことがあるけど、そんな争奪戦で勝てる気がしない…

 

などなど、初めての観劇は、色々と勝手が分からず不安ですよね。

そこで、「チケットの当選確率を上げる」ために、私自身が実際にやっていることを紹介するので、参考にしてみてください。

チケットを手に入れる確率を上げる為の2つのポイント

ポイントを指さす

「チケットを手に入れる確率を上げるためのポイント」は2つあります。

  1. 公演情報を早く知る
  2. 申込回数を増やす

①公演情報を早く知る

公演情報をいち早く知ることで、公演期間中の予定をあらかじめ調整しておくことができます。
すると「平日の公演」を狙うことができるので、土日祝の公演と比べると当選確率が上がりますね。

②申込回数を増やす

チケットの申込は、「一般販売」の1回限りではありません。
色んなルートから申し込めるように準備しておけば、その分当選確率が上がりますね。

 

2つのポイントをふまえたうえで、当選確率を上げる3つの方法についてご紹介していきます。

劇団新感線のファンクラブに登録する

劇場の風景

「劇団☆新感線」に限らず、お目当ての劇団や俳優さん・女優さんがいる場合、公式のファンクラブや会員サイトがあれば、ひとまず入会しておきましょう。

登録しておくと、公演情報や先行販売のお知らせがいち早く届きます。

劇団やアーティストによっては入会費や年会費がかかる場合もありますが、劇団☆新感線の会員登録は無料です。

 

正確には、劇団☆新感線の専用のファンクラブではなく、「株式会社ヴィレッヂ」が運営する情報サイト「VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)」に登録することになります。

株式会社ヴィレッヂは、新感線の舞台を企画・製作している会社です。

ファンクラブ加入のメリット 3公演分のチャンスUP!

「VAC会員先行販売」のお知らせがメールで届くので、一般販売よりもずっと早く、チケットを入手するチャンスが回ってきます。
公演によっても異なりますが、たいていは「1公演2名まで」&「第3希望まで」の抽選申込という形式です。

つまりこの時点ですでに、一般申込に比べて3公演分多く、当選のチャンスが発生しているというワケですね。

ファンクラブ加入のデメリット 不要なメールも届く

VAC(Village Audience Club)は、「劇団☆新感線」以外にも、「劇団、本谷有希子」や「ゲキ×シネ」などにも関係しています。
そのため、VAC関連の他のメールも届くのです。

「古田新太」や「橋本じゅん」「高田聖子」など、特定の俳優・女優のためだけに登録していても、お目当ての人が出ていない舞台の情報など、不要なメールがじゃんじゃん届いてしまいます。

ぴあやeチケットに会員登録する

スマホでチケットを申込む女性

「チケットぴあ」や「e+(イープラス)」「ローチケ」など、チケット販売サイトにも会員登録しておきましょう。
公式サイト同様に、公演情報が届きます。

ぴあやeチケットのメリット 2回目のチャンス到来!

劇団☆新感線のファンクラブに会員登録したけど、残念ながら落選してしまった・・・

でも、まだまだチャンスはあります。

先行販売の当落結果が出る頃には、今度は「チケットぴあ」などから、「最速先行」や「先行抽選」の受付メールが届きます。

この時点でまだ「一般販売前」ですし、抽選期間中に申し込めばOKなので、まだまだ余裕があります。

ぴあやeチケットのデメリット 不要なメールも届く

チケットサイトからのメールを受け取るには、マイページでその設定をしておく必要があります。
登録した劇団や役者さんの出演情報が自動的にメール通知されるのですが、登録の仕方によっては、同じ公演や映画に関するメールが何通も届いてしまいます。

例えば「劇団☆新感線」の他に、「古田新太」さんと「粟根まこと」さんも登録していた場合。

「劇団☆新感線の公演情報」として1通、「古田新太さんの出演情報」として1通、「粟根まことさんの出演情報」として1通。
1つの公演に対して、計3通のメールが届くんです。

お気に入り登録している役者さんは、同じ作品に関わることが珍しくないので、その都度けっこうな量のメールを一気に受信することになります。

劇場でアンケートに答える

アンケート

ほとんどの公演では、次回公演の告知や関連作品のフライヤーと一緒に、アンケート用紙が渡されます。
あらかじめ座席に置かれているか、劇場に入るときに係員から直接手渡されます。

アンケート用紙には「公演の感想」の他に、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「メールアドレス」など記入する項目があり、今後のDMを希望するかしないかを選べます。

必要事項を記入し、「DM希望」にしておくと、劇団や劇場からのハガキが送られて来るようになります。

劇場でアンケートに答えるメリット 無駄なメールがこない

実際にDMが届くタイミングは、たいてい「ファンクラブのお知らせ」と同時期です。
内容としては同じことがほとんどなので、申し込める回数が増えるワケではありません。
(もちろん受付方法によっては増えることもあります)

DMは「郵送で届く」ので、大量のメールに埋もれて見逃してしまうというミスがありません。
目につく所にハガキを置いておけば、申し込むのを忘れていた!というミスもなくなりますね。

 

私は経験した事がありませんが、せっかくチケットを購入したのに、その事を忘れてしまうという方もいるのだそうです。
チケットの販売日は公演日よりかなり前なので、そういう事があるのかもしれませんね。

スケジュールアプリなどに入れておけば良いとは思うのですが、いつでも目に入る場所にDMを貼っておけば、まさかのうっかりミスも防げます。

劇場でアンケートに答えるデメリット 舞台を観に行ったことがなければ登録できない

アンケート用紙は観客相手に渡すものなので、これまでに何かしらの舞台を観に行っていることが前提となります。

「劇場」という場所に今回初めて行こうとしている方は、これを機に、「DM希望」でアンケート記入しておいた方が良いですね。

劇団新感線の舞台はWOWOWもオススメ!

映像配信

生の舞台は、どの席で観ても素晴らしく、感動します。
…が、初めてお芝居に行く方には、SS席・S席以外はあまりおススメできません。

劇場によって多少の違いはありますが、チケットにはSS席・S席・A席・B席…というランク(=価格)があり、このランクが下がれば下がるほど、ステージから遠く見えにくい席になります。

人気の公演では、立見席や機材開放席なんていう席もさらに追加されます。

 

1つの演目を何公演も観に行くような方であれば、色んな視点から楽しむという方法もあると思います。
ですが、観劇に慣れていない方がSS席・S席以外の席で観ると、そのステージの遠さにガッカリしてしまう可能性が高いんです。

観劇初心者の方は、無意識のうちに、テレビや映画の画面の感覚で観に行ってしまう事が多いようです。
しかし実際のところ、舞台全体が等身大でできていて、役者の顔がアップになったりはしません。

当たり前のことなのですが、テレビドラマと同じ気分で観に行ってしまうと、「あれ?全然顔が見えない…」ということになってしまうのです。

劇団☆新感線ならではの殺陣は、せっかくの初観劇なら絶対に間近で観るべきです。
なので、「生の舞台」が見たいからとA席・B席で観るくらいなら、「初心者はWOWOWやスカパーで観た方が得策」だと思います。

 

「先月観に行ったばかりのお芝居が、今月さっそくWOWOWで流れてる!」というくらいの早さで放送されるので、レンタルDVDほどのタイムラグはありません。

また、プロが編集した映像なので、見所のシーンや役者さんの表情など、ばっちり観ることができるんです。

 

WOWOWの月額料金は2,484円(加入月は無料で視聴できます)なので、中途半端な席でお芝居を見るよりも断然良いです。

あと、劇団☆新感線の公演以外にも、他の劇団のお芝居や、アーティストのLIVE映像の生配信、映画などもあるので、コスパが良いですね。